イベント案内・組合ニュース
イベント案内・組合ニュース
イベント案内・組合ニュース
平成30年10月 30年産トキひかりの販売開始
2010年3月には、訓練中のトキがテンに襲われるという不幸な事故がありましたが、放鳥されたトキは120羽以上が元気に佐渡の空に羽ばたいています。
平成23年6月には世界農業遺産に認定されました。
今年は野生のヒナも誕生し、生産者の田んぼにも早朝エサを捕りに舞い降りています。
今後ともトキが安心して暮らせる島を目指して「トキひかり」を作っていきます。応援宜しくお願いいたします。
30年産「トキひかり」は10月15日より販売予定です。(予約受付中)
トキひかり
取扱店はこちら
産地:
新潟県佐渡
品種:
コシヒカリ
産年:
平成30年産
自然耕のお米「トキひかり」発売イネの根やみみずが耕すから「自然耕」













メダカ、ドジョウ、タニシ、蛍、トンボ・・・驚くほどたくさんの生き物が繁殖します。
水田から大量に発生する地球温暖化ガスは、自然耕で激減しています。
活発な微生物活動によって環境ホルモンなどの不良物質が分解浄化されています。
元気な生き物たちのなかに病害虫の天敵生物が繁殖し、さらにイネが野生化して強健になるために農薬を激減し、土がひとりで肥えるので肥料も年々減じます。
貴重な天然資源の水、石油の消費を半減しています。
絶滅寸前の弱いメダカが群れる“自然耕のコメ”は、最高の安全性を証明、さらに高いエネルギーで食べる人の体を強くします。
苗育てを、暖かく優しい「箱入り娘」から、寒く厳しい「自然児」に鍛え、さらに田んぼを柔らかく耕しタップリの肥料を添えた「御殿住まい」から、減肥料で硬い土の「野宿」に変え、厳しい自然に耐え、強く逞しく生きる野性を蘇らせたすばらしい農法です。
「有機農法」でも「無農薬」にしても、これほどの自然蘇生現象は起こりません・・・
平成30年産「トキひかり」販売要綱
精 米
玄 米
1kg、4.5kg
5kg
ご注文
組合申し込み→郵便振替用紙送付→入金確認→お届け(4〜5日)
お電話でのお申し込み 025-229-7426(月〜金 9:00〜17:00)
E-Mailでのお申し込み kyoukumi@komenet-niigata.or.jp
取扱店
下記の取扱店で直接申し込みできますが、包装、送料等の違いがありますのでご了承願います。
滝沢米穀店
025-387-3501
吉川米穀
025-523-2816
(株)小島米穀
0257-77-2043
関屋米穀(株)
025-266-2181
(有)長岡農産米穀
0258-22-2596
毛島米店
025-267-6318
(株)鷲尾米店
025-266-0545
大島主食販売(企)
0258-27-1849
(株)杉本商店
0258-32-0949
大瀬商店
0258-32-0976
(有)飯島商店
025-372-1765
(株)三糧
0254-23-5670
(株)今議商店
0258-32-2455
村山米店
0254-22-2279
秋山商店
025-523-5334
平成30年9月1日 平成30年産米新潟県産品種銘柄一覧表
農家の皆さんへ
  30年産米の産地品種銘柄の検査は、国(農林水産省)が指定した品種(必須銘柄)と各登録検査機関が指定する品種(選択銘柄)の二通りがあります。
  登録検査機関 である当「協同組合米ネットワーク新潟」は、30年度産米の検査にあたり、次のとおり選択銘柄として決定しましたのでお知らせ致します。
 なお、この選択により必須銘柄以外の新潟県産品種銘柄は全て検査することとしていますので、検査希望がありましたら当組合事務局までご連絡をお願い申し上げます。(TEL:025-229-7426)

水稲うるち玄米(必須銘柄・4品種)
コシヒカリ、こしいぶき、ゆきの精、ゆきん子舞
水稲うるち玄米(選択銘柄・31品種)
ひとめぼれ、あきたこまち、キヌヒカリ、越路早生、トドロキワセ、どんとこい、なごりゆき、農林1号、はえぬき、千秋楽、ミルキークイーン、春陽、華麗舞、つくばSD1号、ヒカリ新世紀、夢ごこち、みずほの輝き、あきだわら、みつひかり、亀の蔵、いのちの壱、えみのあき、笑みの絆、和みリゾット、新之助、縁結び、つきあかり、つくばSD2号、葉月みのり、越のかおり、やまだわら
水稲もち玄米(必須銘柄・2品種)
こがねもち、わたぼうし
水稲もち玄米(選択銘柄・1品種)
ゆきみのり
醸造用玄米(必須銘柄・1品種)
五百万石
醸造用玄米(選択銘柄・8品種)
たかね錦、1本〆、八反錦2号、北陸12号、山田錦、菊水、越淡麗 、越神楽
平成30年9月1日 農産物検査の実施
農家の皆さん!!
「新潟県産コシヒカリ」として表示・販売するためには、米の検査を受けることが必要です。
県内139箇所の検査場所で103名の検査員が当組合に所属し米穀の検査を実施しております。
米穀の検査については登録検査機関の協同組合米ネットワーク新潟へ
農産物検査米穀検査の流れ